読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康あれこれ情報ブログ

健康をテーマにした情報や商品の紹介をしています

もやもやした体調不良は乳酸菌不足?!

あなたは特に病気でもないのに、
「なんだかもやもやして体調が優れない」
「ちょっとしたことでストレスを感じる」
「気持ちにハリがもてない」
「毎朝どんよりしてスッキリできない」
そういう悩みを感じていませんか?

体の不調の原因の多くは腸から!といわれています。腸は体内の不要なものを排出

して必要な栄養を吸収します。腸が健康の源を司どっているのです

 

加齢や疲れ、ストレスなどで腸内に悪玉菌が増えると腸内が汚れて、有害物質が

発生し、本来の働きができなくなってしまいます。

 

あなたの悩みは腸の汚れが原因かもしれません。今から悪玉菌を減らし「善玉菌」を

増やしてあげることが必要なのです。

 

ではどうやって善玉菌を増やせばいいのでしょう。乳酸菌といえば、ヨーグルトを

摂ることと思っていませんか?しかし多くの方が効果を実感できないでいます。

ここで正しい乳酸菌の摂り方を考えて見ましょう
1.乳酸菌の種類を選ぶ効果の高い乳酸菌は何か?クリスパタス菌は人由来です。
 熱に強く、免疫力が圧倒的に優れています。
2.ビフィズス菌を一緒に!ビフィズス菌は乳酸菌ととても相性が良く、大腸に生息し

 善玉菌の代表格です。おなかの善玉菌もほとんどはビフィズス菌です。
3.乳酸菌にも栄養が必要。乳酸菌にエサをあげてください。乳酸菌のエサは

 オリゴ糖食物繊維
4.乳酸菌は毎日排出されてしまいます。毎日摂り続けたください。
5.アレルゲン不使用を選ぶ。クリスパタス菌は乳製品アレルギーで一般の乳酸菌が

 摂れない方にも安心です

そんな頼もしい乳酸菌が

               【ベビー乳酸菌】


ぜひお試しいただきたい乳酸菌です。

目の健康を考える

スマホやパソコンを長時間利用される方
・新聞や本などを小さい文字を読まれる方
・車や自転車をよく乗られる方

 

スマホやパソコンの画面からは強いブルーライトが発せられていています。
ブルーライトは波長が紫外線に近く、網膜に達する光の中では最も強いエネルギー

を持っているといわれています。

 

デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは、眼や身体に大きな負担を

かけると言われており、厚生労働省ガイドラインでも「1時間のデジタルディス

プレイ機器作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」ことが推奨されています。

 

また新聞や本などの細かい文字を読む場合、視神経は高度な緊張状態を維持しなければならないため目に葉かなりの負担になってしまいます。また凝視する状態が長時間続くためピント調節機能が弱くなるともいわれています。

 

車や自転車の運転中は、急激かつ連続的な動体把握が必要となり、やはり目にとっては大きな負担で疲れ安くなります。

 

このように現代人の目は、一日中様々なリスクに曝されているといえます。
したがって、適切なメンテナンスを行っておかないと、眼精疲労やVDT症候群になりやすく結果、疲れ目以外にも、首や肩のこり、頭痛、イライラ感などの症状が発生します。

 

一方、男性、女性にかかわらず正しい栄養の摂取が目の健康の維持と保全に極めて重要であることがわかっています。ヘルシーな食事の一部として、ビタミンAやビタミンC、葉物の緑色野菜、魚など、抗酸化物質の豊富な食品を選びましょう。
魚をはじめとする多くの食品に、中心視力を担う黄斑の健康に重要な必須オメガ3脂肪酸が含まれています。

 

抗酸化物質の摂取不足、アルコールや飽和脂肪の摂取などから、黄斑に害を及ぼすおそれがあります。
また、高脂肪の食事は動脈の血流を阻害する脂肪の蓄積の原因になります。
小さな血管が集まっている目は、特に大きな影響を受けることになります。

今回紹介する
          

【北の国から届いたブルーベリー】 通販については、コチラから


アントシアニンなどの抗酸化物質を高濃度で配合、その他にビルベリーエキス、

βカロテン、メグスリノキエキス、カシスエキス、ルテイン、DHA、EPA,

コエンザイムQ10などのサポート成分をたっぷり配合して国際基準の品質管理の下、安心・安全にこだわって作られています。

 

船越英一郎も大絶賛の「やわた」の【北の国から届いたブルーベリー】!
改めて説明に必要もないくらい有名な商品です。TVを通じて常に皆さんの目や耳に届いていると思います。

まだお試しでない方は是非、早めにお試しください。とても実感力のある製品です。

広告を非表示にする

冷え性から解放されたい方にお薦め【温効生姜】

健康・冷え性

まだまだ続く寒い、冷え性の悩みを持つ女性が多いと聞きます
手・足の冷え、肩・首筋のこり、指先のしびれなどつらい症状が思いやられるのではないでしょうか?

◎子供のころから寒がりで、冬は人一倍寒くてつらい
◎いつも体温が低く、風邪をひきやすく体調をすぐに崩してしまう
◎家族と体感温度が違うため夏の間はクーラーがつらく、一人別室で過ごしている
◎寝る時に靴下をはいても足が冷たくて、寝つきが悪い
◎いつもたくさん着ないと寒くて、おしゃれもできない
という経験はありませんか

今回お薦めする【温効生姜】は毎朝1~2パックをお湯に溶いて飲んでいただくだけで
これらの症状から解放してくれる優れものです。
もちろん、紅茶、豆乳、ホットミルクココア、ヨーグルトなどに混ぜるだけであなた

だけの特別な温効生姜に大変身。美味しく召し上がれます。

【温効生姜】は、なま生姜を特殊加熱・乾燥によって、身体をぽかぽかにしてくれる

成分「ショウガオール」を375倍にも強化することに成功しています。

素材はすべて天然由来成分である乾燥生姜粉末、ローヤルゼリー、フィッシュ

コラーゲン、柚子、羅漢果のみを使用し「商品には必要な原料以外は使用しない」

ことをポリシーとして製品づくりを行っているとのことです。

これはユーザーの皆様に安心で安全にご使用いただくためのこだわりなのです。

嬉しいことに初回限定お試し価格もあるようですから是非お試しになってはいかがでしょうか。

冷え症から解放された日々をお楽しみください。

 

快眠の追及!バッチリ!

「快眠」心地よい言葉ですね!

人間は人生の約3割の時間を睡眠で過ごすことになります。

この睡眠を快眠で過ごすか、そうでないかは大きな差があります。

そこで睡眠について少し調べてみましたので報告します。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることはもうご存知ですよね

 

【レム睡眠】
・浅い眠りで身体は深く眠っているのに、脳が活発に動いている状態
・筋肉の疲労回復

・脳は働いているのでこの時目覚めるとすっきり起きられる

・脳は動いているのでこの時よく夢をみる・脳を動かして記憶の固定をしている

・トイレに起きたくなる
・物音で目が覚めやすい
・金縛りにあいやすい
・レム睡眠10分~20分程

 

【ノンレム睡眠】
・深い眠りで脳も身体も休んでいる状態
・身体を支える筋肉は働いている
・ストレスを消去している
・ホルモンの分泌をしている
・居眠りのほとんどがノンレム睡眠

 

人間はレム睡眠とノンレム睡眠を約90分周期で繰り返していると言われています。

しいて言えばノンレム睡眠の状態を熟睡といい、この時間が長いほど「快眠」と

いえるのではないでしょうか。

しかし、自分でノンレム睡眠を多くしよう、長くしようと思ってもできません。

そこで登場するのが快眠サポートサプリです。

今、たくさんのサプリメントが販売されています。数あるサプリの中から私のお勧めは

「テアニン快眠粒」

他の製品に対してコスパが抜群!あまり高いものはいくら快眠可とはいえ、常時は使いずらいものです。

ちなみに、年代別必要睡眠時間は下記の通りだそうですよ。あなたは十分な睡眠がとれていますか?

     幼児(1~3歳)         1日、12~14時間
     学童前期(3~5歳)       11~13時間
     学童期(6~12歳)       10~11時間
     ティーンエイジャー(11~17歳) 8.5~9.25時間
     成人               7~9時間
     高齢者              7~9時間 

 

快い眠りのためにもう一つ気に留めておくことがあります。

それは睡眠環境です。特に寝具について必要な注意点を見ておきましょう。

寝具の中でも、敷布団は体が沈み過ぎない適度な反発力を備え、なおかつ

体圧分散に優れたものを選ぶことが重要です。

それには内部に高反発素材を使用し、身体に接触する外部に反発力の
弱い素材を使った多層構造のものが優れています。
また、衛生的な睡眠を考えて、通気性と吸湿・発散性にすぐれたものを
選ぶのがいいです。
  
  そんな条件にピッタリの敷布団がありました。
             快眠敷布団【スリープル】
                          がそれです。

最適な寝心地を持つ布団で、より快適な眠りをもたらすサプリメントがあれば鬼に金棒

鉄板の快眠策ですね

 

睡眠環境と言えば布団だけでなく、枕も重要なアイテムですね。

肩から首にかけて慢性的なコリがひどい、目の疲れ・頭痛がいつもひどいという方は

枕にも気を配ってみてください。こんな枕があります。

オリジナル形状で首、肩の緊張を緩和する機能性枕です。一度、詳しい説明をご覧に

なってください。

             「リラ!まくら」