健康あれこれ情報ブログ

健康をテーマにした情報や商品の紹介をしています

医薬品と言えどもコストパフォーマンスは大切!!

疲労回復、関節痛・神経痛緩和、眼精疲労の緩和、手足のしびれ・肩こりを
解消に効くと言われると、ああ!「アリ〇〇ンEX」かと思うほど有名な、
コマーシャルでも幾度となく見かける薬品ですね。
 
お世話になった方、今もお世話になっている方もおられるでしょうが実は
高価な薬なんです。ご存知ですよね?

それに比べると   【ビタトレールEXP】  [第3類医薬品]
 
は363錠入り1錠当り約11円とかなりお安くなっています。
何故、いきなり単価の説明から入ったかと申しますと実は、効能や成分は
「アリ〇〇ンEX」ほとんど変わりません。つまりコストパフォーマンスが
格段に高くなっています。
 
主な効能は以下の通りです
◎糖分の代謝を促して疲労を回復する
◎自律神経の働きを促して関節痛や神経痛、眼精疲労といった症状を緩和する
◎体内の脂肪や糖分の代謝を促進して皮膚を健康な状態で保つ
◎血流を促して手足の痺れや肩こりを解消する
 
中でもビタミン類の配合バランスが良く、栄養補給の医薬品としても使われている大きな理由です。
 

フコイダンが凄い!!

フコイダンという物質のこと、聞いたことがありますか?
昆布、わかめ、もずくなどの海藻に含まれるヌメリ成分に1種です。
最近の研究でこのフコイダンに様々な健康成分が含まれていることが
分かってきました。
 
<免疫力の向上>
フコイダンには、免疫機能において重要な役割を担う「NK細胞
ナチュラルキラー細胞)」や「マクロファージ」といった免疫細胞を活性化
する作用があることが動物を使った実験で明らかになりました。

中でもガゴメ昆布由来のフコイダンは、ヒト試験でもNK細胞の活性を高める
働きが確認できたと報告されています。
 
NK細胞は、人間の免疫システムをつかさどる重要な免疫細胞です。体内に
ウイルスや病原体が入り込んだり、異常な細胞が発生した際に、まっさきに
それらに攻撃を始めるのがこのNK細胞。
 
さらに、NK細胞は常に体内をパトロールしており、このような異常細胞を
見つけては攻撃することで、病気の発生や悪化を防いでいるのです。
つまり、フコイダンによるNK細胞の活性化は、免疫力を高めて健康を保つ
には非常に有効なのです。
 
また、食物繊維であるフコイダンは、免疫細胞がもっとも多く集まり、
免疫機能に大きく関わる腸の状態を整える作用もあるとされています。
 
<胃を守る効果(健胃作用)>
胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌。近年、研究者によって、
フコイダンはこのピロリ菌を除菌できるとの研究結果が報告されています。
その要となっているのが、フコイダンを構成する成分のひとつである硫酸基です。
硫酸基は胃の粘膜にも存在します。
 
ピロリ菌は、この胃の粘膜に存在する硫酸基を好物としており、そこに吸い付く
性質があります。フコイダンを摂取することでフコイダンが胃の中にある状態
であると、フコイダンの硫酸基が胃の粘膜の硫酸基の代わりとなって
ピロリ菌を吸い付け、そのままピロリ菌を腸へと押し流します。
それにより胃からピロリ菌が除去され、胃が守られるのです。
 
<抗アレルギー効果>
体に備わっている免疫機能は、細菌やウイルスといった異物から体を守ると
同時に、アレルギー反応を起こすことがあります。体内に異物が入ってくると、
その異物と結び付く抗体がつくられます。それら抗体のうち、アレルギー反応
に関わるのが「IgE」といわれる抗体です。
 
免疫機能が正常でない状態にあると、この「IgE」が過剰に生成され、過剰な
免疫反応が起こってアレルギー症状が現れます。フコイダンは免疫機能を整え、「IgE」の過剰な生成を抑える働きがあるとされています。
 
<肝機能向上>
ガゴメ昆布に含まれるフコイダンを用いた実験によると、ガゴメ昆布「フコイダン」にはHGF(肝細胞増殖因子)の産生を誘導する作用があることが明らかとなりました。
 
HGFは、肝臓細胞の再生のほか、あらゆる器官の組織や上皮細胞の再生に作用します。傷ついた肝臓細胞の修復に働きかけることで肝機能向上効果が期待できます。
さまざまな研究が行われ、健康効果が期待できるとして注目されているフコイダン。
中でも今回紹介する   
             【パワーフコイダンCG】
 
九州大学の白畑教授のグループがトンガ産のもずくフコイダンと兵庫県産刀豆
を組み合わせたパワーフコイダンCGを使っての健康効果に関する研究を進め、
その成果を学会や論文で発表しております。
 
フコイダン製品の中では最も古くから多くの方に愛飲されています。
こんな方におすすめします
・生活習慣が気になる方
・養生中の方
・アルコールが好きな方
・ストレスが気になる方
・日々の生活が忙しい方
・外食、レトルト食、肉食中心の方
・野菜嫌いの方
・健康志向の方
・食生活のバランスが不安な方
 
 
広告を非表示にする

頻尿、尿漏れの原因と手当ては?

頻尿・尿漏れの原因
1.過活動膀胱
  過活動膀胱とは、「トイレが近い(頻尿)」
  「夜に何度もトイレに行く(夜間頻尿)」
  「不意におしっこがしたくなる(尿意切迫感)」、
  「トイレまで我慢できず漏らしてしまう(切迫性尿失禁)」
  などの症状を引き起こす代表的な排尿の疾患です。
  過活動膀胱では排尿筋が過剰に収縮してしまうため貯められる量も少なくなり、
  その結果、急に強い尿意を感じたり、トイレの回数が増えたり、おしっこが
  我慢できなくなるなど、さまざまな排尿トラブルが起こります。
  特に女性は尿道が3~4cmと短く、男性に比べて尿漏れを伴いやすい傾向に
  あります。

2.骨盤底筋のゆるみ
  女性特有の排尿トラブルを引き起こす原因として、骨盤底筋のゆるみが
  挙げられます。主な症状は「咳やくしゃみ、重いものを持った拍子に尿が
  漏れてしまう」(腹圧性尿失禁)で、これはお腹に力が入って膀胱に腹圧
  がかかったときに起こります。
  骨盤底筋がゆるむ要因は妊娠や出産、運動不足、年齢的な筋肉の衰えなど
  にあります。
  特に、妊娠・出産後、尿漏れに悩む人が多いのは、妊娠中の胎児の重みが
  骨盤底筋に負担となる上、出産時に骨盤底筋が大きなダメージを受けるためです。

「若い頃にはまさか自分がと…考えもしなかった頻尿や尿漏れ。人には相談できない…。」
気になって好きなものを飲めない、控えてしまっている自分。
思い切り笑ったり、運動したりすることが億劫になってしまいパートナーや
友人との時間を楽しめていない自分。
そんなデリケートなお悩みを持つ女性の切実な思いに応えてくれます。

            【ナチュラエース】
 
女性に嬉しい成分である「イソサミジン」と「カボチャ種子エキス」を配合。
ホルモンバランス、体内の酵素、体内をあっためる効果など、毎日を笑顔で
過ごせるための成分が配合されています。
 
これまでの健康食品ではご満足されなかった方にも、自信をもっておすすめする
健康食品です。

健康づくりの一環として、ぜひ一度、ご自身で実感してみてください。
 

腸内フローラの改善で便秘解消!?

女性はアラフォーに差し掛かると体の方も転換期に差し掛かります。
普段なんとなく気分が重い、肌がかさつくなどいろいろと気にかかることが
増えてきませんか?

そのような人の原因の多くが腸内環境の乱れではないかと言われています。
最近、よく聞く腸内フローラが乱れることによっていろいろな症状が現れます。
 
具体的には、肌の乾燥・かさつき、便秘、体重の増加など様々です。
そこで腸内デトックスで一度腸内をクリアにしましょう。
 
ダイエットを志す人ならデブ菌と言う言葉を聞いたことはあると思います。
その意味合いは、言葉通り、おデブの元になってしまう菌のことです。
デブ菌とは悪玉菌の仲間で、腸の中で有害物質を作り出します。
そのことがデブの原因にとどまらずその他の症状の元になっているのです。
 
デブ菌が腸内に潜んでいる事が原因でダイエットをしても痩せない事があります。
デブ菌を減らすには?
 
逆にヤセ菌を増やすことによってダイエットを効果的に行うことが
できますので、腸内の環境を改善しましょう。
デブ菌と痩せ菌の比率は4:6が最適と言われています。
 
腸内環境を整えることでダイエット、アンチエイジング、便秘、体質の改善に
役立ちます。今回紹介するのは    
            【スマート菌活(しまのや)】
 
◎高い消化吸収力を持つ、コアラの腸内環境をヒントに生まれた
 「スマート乳酸菌」を配合~
 コアラのお腹では、消化吸収を助けてくれるタンナーゼ産出乳酸菌
 (別名:スマート乳酸菌)が活発に働いており、それによって、
 高い消化吸収能力が発揮されていることが分かりました。
 サプリメントにはスマート乳酸菌を配合しております!
 
◎腸内デトックスで心も体もスッキリ~
 1000億個の乳酸菌で翌朝どっさり。老廃物ゼロで身体も心もすっきり!
 
◎夏本番のダイエットの時期に持ってこい!~
 これから始まる夏に、まだ間に合うダイエット、スッキリボディで
 楽しく過ごしましょう
 
◎腸内環境を整えてアンエイジング~
 腸内環境が改善されると、老廃物は減り、消化吸収も改善されるため
 体全体のアンチエイジングにも役立ちます。
 もちろん美容にも良い効果がありますから肌のお手入れもやりがいが
 あるというものです。
 
あなたも、ぜひスマート菌活をお試しください。

あなたの目は常にストレスに曝されている!!

あなた!眼精疲労になっていませんか?
PCやスマホなどの液晶画面を見続けることで、目は日々相当なダメージを受けています。
休息を取っても目の痛みや頭痛、肩こりなどの症状が残るものを「眼精疲労」といいます。
目の疲れが、慢性的に続く場合は眼精疲労に発展している可能性を疑ってみる必要があります。
ここでは眼精疲労についてもう少し詳しく見ていきましょう。

眼精疲労はどうしてなるのか?
一つには目の病気~来る場合です
近視・乱視・老眼・白内障・眼瞼下垂など、さまざまな目の病気にかかった場合、視力が落ちたり、
視野が狭くなった際、凝視することで、意識的にピントを合わせるため、眼精疲労が起こります。

二つ目は生活環境による場合です。
代表的なものに画像端末処理装置(ディスプレイ)によるストレスが挙げられます。
パソコンやスマホなどのディスプレイを長時間凝視するため、まばたきの回数が減り、目が乾いた
状態が続いて目が疲れやすくなります。またブルーライトによる目への刺激も作用します。
その他、部屋全体の明るさやエアコンによる乾燥なども眼精疲労の要因となります。

三つめはストレスなど心的要因によるもの
仕事上のストレスや神経症自律神経失調症などの精神的なものによって不安感やイライラなど
心的要因が影響して、身体に対して高血圧や血行不良、胃潰瘍といった病気が引き起こすことが
あります。そのような症状の1つとして眼精疲労がおこることがあるのです。

それでは眼精疲労を防ぐにはどうすればよいのでしょうか
それにはまず、十分な睡眠をとることが大切です。
目を閉じることで、筋肉がリラックスできます。明りのない真っ暗な状態にして眠ることで眼の中に
光が入らない状態が作られるため眼球がリラックスできます。十分な睡眠でしっかり目を休ませて
ください。

さらに、目を温めることで効果を高めることが出来ます。
蒸しタオルなどで眼の周りを温めると、目の血流が良くなります。目の周囲には交感神経から
副交感神経に切り替わる切り替え機能があり、副交感神経が働くことでリラックス効果が増し、
筋肉も柔軟になるため、疲労物質が取り除かれ易くなります。

以上説明したように眼精疲労は重症化すると厄介な病気になります。単に「疲れ目」と早合点せず
早期に対応することで防げる病気であることもわかっています。ただ、忙しい日々にあってなかなか
十分な予防措置が取りづらいこともあります。
今回お薦めするのはそんな忙しい皆さんに効率的に予防をしていただける

             【スマホえんきん】

ファンケルが満を持して新発売のサプリメントです。
目の疲労をケアするアントシアニンがたっぷりと配合されており、ルテイン、ビタミン群(B1,B2,
B6,B12)なども効果的に配合しています。
大切な目のために継続的にご利用いただいて、しっかりと目をいたわっていただきたいものです。 

オルニチンでエネルギッシュな毎日を!!

しじみの健康パワーの源、それがオルニチンです。
古くから知られてきた「しじみ」の健康パワー

昔から「お酒を飲んだ後には”しじみ”汁」と言われて、”しじみ”が健康に良い

ことは江戸時代から経験的に知られていたようです。

近年の研究により、しじみの健康パワーの源はアミノ酸の一種であるオルニチン

だとわかってきました。
そもそもアミノ酸とは、身体の約20%を締め、私たちが生命活動を維持するために

欠かせない重要な成分。その中でも、オルニチンは、生活のリズムや食生活の乱れ

を気にする現在人の健康をサポートする特別なアミノ酸といえます。

「年齢と共に調子がよくない・・・」
「昨日を引きずり、朝スッキリしない・・・」
「夜のお付き合いが続いて明日が心配・・・」
「家事で忙しくて毎日つらい・・・」
 生活のリズムや食生活の乱れによって生じる課題。
これではハツラツとした健康生活を送ることができません。

オルニチン」は、ハツラツとした健康生活をサポートすることが確かめられました。
オルニチンは、もともと私たちの身体の中に備わっています。体内のアミノ酸の多くがタンパク質の中に存在するものですが、オルニチンはそれとは異なる

「遊離アミノ酸」と呼ばれるものの一種です。

オルニチンを口から摂取すると、腸で吸収され、肝臓や腎臓、筋肉などに運ばれ

ます。肝臓にたどり着くと、「オルニチンサイクル(尿素回路)」というアンモニア代謝する経路で働き、アンモニアの解毒を促進します。アンモニアは生命活動の

エネルギーとなるATPの産生や、脳を動かす主要なエネルギーであるグルコース

生成を妨げる物質。その解毒を助けることで、オルニチンはスムーズなエネルギー産生にも貢献していると考えられています。

「肝臓に良い食材」としての認知度が高いシジミ。その効果のカギが、オルニチン

であると考えられます。
肝機能改善に有効な成分はオルニチンのほかにも「良質のタンパク」「タウリン」「アラニン」「ビタミンB12」などがありますが、それらの成分は牛乳やホタテ、

イカ、アサリにも、シジミと同程度かそれ以上に含有されています。

しかし、オルニチンはほかと違って、シジミだけに飛び抜けて多く含まれる成分

なのです。今回紹介する


         【オルニパワーZnプラス】

 

は、このオルニチン800mgに加えて、活力に欠かせない「亜鉛」、生命を守る

アスタキサンチンをたっぷりと配合しています。あなたの日々の活力を支えてくれるでしょう。飲みすぎた次の朝をスッキリと迎えるためにもぜひあなたの手元にご用意ください。

更年期症状への備えは大丈夫?

体のほてり、動悸が収まらない、月のリズムが乱れる、など女性特有の症状が収まらないで
悩む女性も多いはずです。当事者にとってただ更年期と片づける事の出来ない悩みなのです。
ここではこの対処法について調べてみました。

更年期障害としての症状は非常に多く、すべてを取り上げられませんので代表的なものを
記載しましょう。
精神神経系:頭痛、めまい、不眠、不安感、イライラ感、うつなど
血管・運動神経系:ほてり、のぼせ、動悸、発汗、むくみなど
皮膚・分泌系:のどの渇き、ドライアイなど
消化器系:吐き気、下痢、便秘、胃もたれ、胸やけなど
運動器官系:肩こり、腰痛、関節痛、しびれ
泌尿器系:月経異常、尿失禁など

これだけでも相当の症状があります。それではどうすればこれらの症状を抑えられるのでしょうか?
そもそも更年期障害の原因は女性ホルモンの異常、特にホルモンの減少によることが大きいと
されています。この女性ホルモンは年齢とともに減少し体内での生成能力が落ちてきます。

その女性ホルモンの働きを補助する役割を果たすのがエクオールというものなのですが構造が
女性ホルモンと非常によく似ていて、作用も良く似ています。
このエクオールを補給することで更年期の症状を抑え込もうというのが最近の主流的な考え方に
なっています。

クオールは体内で作ることが出来るのですが、実は誰でもという訳では無いのです。日本人の
場合は二人に一人、約50%しか体内で作ることが出来ないと言われています。
では、どうしてエクオールをつくれる人とつくれない人がいるのでしょうか。
それは、最近注目されている腸内フローラがカギを握っていました。
ヒトの大腸には様々な腸内細菌が棲んでいますが、その中に、大豆イソフラボンダイゼイン
をエクオールに変換してくれる「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌が見つかり、
このエクオール産生菌がいる(活動している)かどうかが重要だということがわかりました。

腸内環境によって作れる人と作れない人が分かれるとすると作れない人はどうすればいいのでしょう。
しかし諦めないでください。もう一つ方法があります。ここで紹介したいのはその名も

  【ノムダス】             

女性ホルモンの減少ををエクオールで『ピーン』と補うノムダス。自然由来でしっかり実感できる、
今大注目のサプリメントです。赤ちゃんから発見された『エクオール産生菌』を配合し、
より安全にエクオールを摂取できるように、業界初の『体内エクオール産生』を実現しています。

ユーザー様の満足度はなんと95%!漢方系なので、副作用の心配が少ないことも安心です。
さらに女性に嬉しい和漢植物と1兆1000億の乳酸菌を配合しておりお悩みの女性をしっかり
サポートします。初回価格が安く、定期の縛りがないので気軽に始められるのも人気のあるところ。
是非あなたも更年期症状から解放されて爽快な日々を取り戻してください。