読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康あれこれ情報ブログ

健康をテーマにした情報や商品の紹介をしています

快眠の追及!バッチリ!

「快眠」心地よい言葉ですね!

人間は人生の約3割の時間を睡眠で過ごすことになります。

この睡眠を快眠で過ごすか、そうでないかは大きな差があります。

そこで睡眠について少し調べてみましたので報告します。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることはもうご存知ですよね

 

【レム睡眠】
・浅い眠りで身体は深く眠っているのに、脳が活発に動いている状態
・筋肉の疲労回復

・脳は働いているのでこの時目覚めるとすっきり起きられる

・脳は動いているのでこの時よく夢をみる・脳を動かして記憶の固定をしている

・トイレに起きたくなる
・物音で目が覚めやすい
・金縛りにあいやすい
・レム睡眠10分~20分程

 

【ノンレム睡眠】
・深い眠りで脳も身体も休んでいる状態
・身体を支える筋肉は働いている
・ストレスを消去している
・ホルモンの分泌をしている
・居眠りのほとんどがノンレム睡眠

 

人間はレム睡眠とノンレム睡眠を約90分周期で繰り返していると言われています。

しいて言えばノンレム睡眠の状態を熟睡といい、この時間が長いほど「快眠」と

いえるのではないでしょうか。

しかし、自分でノンレム睡眠を多くしよう、長くしようと思ってもできません。

そこで登場するのが快眠サポートサプリです。

今、たくさんのサプリメントが販売されています。数あるサプリの中から私のお勧めは

「テアニン快眠粒」

他の製品に対してコスパが抜群!あまり高いものはいくら快眠可とはいえ、常時は使いずらいものです。

ちなみに、年代別必要睡眠時間は下記の通りだそうですよ。あなたは十分な睡眠がとれていますか?

     幼児(1~3歳)         1日、12~14時間
     学童前期(3~5歳)       11~13時間
     学童期(6~12歳)       10~11時間
     ティーンエイジャー(11~17歳) 8.5~9.25時間
     成人               7~9時間
     高齢者              7~9時間 

 

快い眠りのためにもう一つ気に留めておくことがあります。

それは睡眠環境です。特に寝具について必要な注意点を見ておきましょう。

寝具の中でも、敷布団は体が沈み過ぎない適度な反発力を備え、なおかつ

体圧分散に優れたものを選ぶことが重要です。

それには内部に高反発素材を使用し、身体に接触する外部に反発力の
弱い素材を使った多層構造のものが優れています。
また、衛生的な睡眠を考えて、通気性と吸湿・発散性にすぐれたものを
選ぶのがいいです。
  
  そんな条件にピッタリの敷布団がありました。
             快眠敷布団【スリープル】
                          がそれです。

最適な寝心地を持つ布団で、より快適な眠りをもたらすサプリメントがあれば鬼に金棒

鉄板の快眠策ですね

 

睡眠環境と言えば布団だけでなく、枕も重要なアイテムですね。

肩から首にかけて慢性的なコリがひどい、目の疲れ・頭痛がいつもひどいという方は

枕にも気を配ってみてください。こんな枕があります。

オリジナル形状で首、肩の緊張を緩和する機能性枕です。一度、詳しい説明をご覧に

なってください。

             「リラ!まくら」