読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康あれこれ情報ブログ

健康をテーマにした情報や商品の紹介をしています

更年期症状への備えは大丈夫?

体のほてり、動悸が収まらない、月のリズムが乱れる、など女性特有の症状が収まらないで
悩む女性も多いはずです。当事者にとってただ更年期と片づける事の出来ない悩みなのです。
ここではこの対処法について調べてみました。

更年期障害としての症状は非常に多く、すべてを取り上げられませんので代表的なものを
記載しましょう。
精神神経系:頭痛、めまい、不眠、不安感、イライラ感、うつなど
血管・運動神経系:ほてり、のぼせ、動悸、発汗、むくみなど
皮膚・分泌系:のどの渇き、ドライアイなど
消化器系:吐き気、下痢、便秘、胃もたれ、胸やけなど
運動器官系:肩こり、腰痛、関節痛、しびれ
泌尿器系:月経異常、尿失禁など

これだけでも相当の症状があります。それではどうすればこれらの症状を抑えられるのでしょうか?
そもそも更年期障害の原因は女性ホルモンの異常、特にホルモンの減少によることが大きいと
されています。この女性ホルモンは年齢とともに減少し体内での生成能力が落ちてきます。

その女性ホルモンの働きを補助する役割を果たすのがエクオールというものなのですが構造が
女性ホルモンと非常によく似ていて、作用も良く似ています。
このエクオールを補給することで更年期の症状を抑え込もうというのが最近の主流的な考え方に
なっています。

クオールは体内で作ることが出来るのですが、実は誰でもという訳では無いのです。日本人の
場合は二人に一人、約50%しか体内で作ることが出来ないと言われています。
では、どうしてエクオールをつくれる人とつくれない人がいるのでしょうか。
それは、最近注目されている腸内フローラがカギを握っていました。
ヒトの大腸には様々な腸内細菌が棲んでいますが、その中に、大豆イソフラボンダイゼイン
をエクオールに変換してくれる「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌が見つかり、
このエクオール産生菌がいる(活動している)かどうかが重要だということがわかりました。

腸内環境によって作れる人と作れない人が分かれるとすると作れない人はどうすればいいのでしょう。
しかし諦めないでください。もう一つ方法があります。ここで紹介したいのはその名も

  【ノムダス】             

女性ホルモンの減少ををエクオールで『ピーン』と補うノムダス。自然由来でしっかり実感できる、
今大注目のサプリメントです。赤ちゃんから発見された『エクオール産生菌』を配合し、
より安全にエクオールを摂取できるように、業界初の『体内エクオール産生』を実現しています。

ユーザー様の満足度はなんと95%!漢方系なので、副作用の心配が少ないことも安心です。
さらに女性に嬉しい和漢植物と1兆1000億の乳酸菌を配合しておりお悩みの女性をしっかり
サポートします。初回価格が安く、定期の縛りがないので気軽に始められるのも人気のあるところ。
是非あなたも更年期症状から解放されて爽快な日々を取り戻してください。