読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康あれこれ情報ブログ

健康をテーマにした情報や商品の紹介をしています

あなたの目は常にストレスに曝されている!!

あなた!眼精疲労になっていませんか?
PCやスマホなどの液晶画面を見続けることで、目は日々相当なダメージを受けています。
休息を取っても目の痛みや頭痛、肩こりなどの症状が残るものを「眼精疲労」といいます。
目の疲れが、慢性的に続く場合は眼精疲労に発展している可能性を疑ってみる必要があります。
ここでは眼精疲労についてもう少し詳しく見ていきましょう。

眼精疲労はどうしてなるのか?
一つには目の病気~来る場合です
近視・乱視・老眼・白内障・眼瞼下垂など、さまざまな目の病気にかかった場合、視力が落ちたり、
視野が狭くなった際、凝視することで、意識的にピントを合わせるため、眼精疲労が起こります。

二つ目は生活環境による場合です。
代表的なものに画像端末処理装置(ディスプレイ)によるストレスが挙げられます。
パソコンやスマホなどのディスプレイを長時間凝視するため、まばたきの回数が減り、目が乾いた
状態が続いて目が疲れやすくなります。またブルーライトによる目への刺激も作用します。
その他、部屋全体の明るさやエアコンによる乾燥なども眼精疲労の要因となります。

三つめはストレスなど心的要因によるもの
仕事上のストレスや神経症自律神経失調症などの精神的なものによって不安感やイライラなど
心的要因が影響して、身体に対して高血圧や血行不良、胃潰瘍といった病気が引き起こすことが
あります。そのような症状の1つとして眼精疲労がおこることがあるのです。

それでは眼精疲労を防ぐにはどうすればよいのでしょうか
それにはまず、十分な睡眠をとることが大切です。
目を閉じることで、筋肉がリラックスできます。明りのない真っ暗な状態にして眠ることで眼の中に
光が入らない状態が作られるため眼球がリラックスできます。十分な睡眠でしっかり目を休ませて
ください。

さらに、目を温めることで効果を高めることが出来ます。
蒸しタオルなどで眼の周りを温めると、目の血流が良くなります。目の周囲には交感神経から
副交感神経に切り替わる切り替え機能があり、副交感神経が働くことでリラックス効果が増し、
筋肉も柔軟になるため、疲労物質が取り除かれ易くなります。

以上説明したように眼精疲労は重症化すると厄介な病気になります。単に「疲れ目」と早合点せず
早期に対応することで防げる病気であることもわかっています。ただ、忙しい日々にあってなかなか
十分な予防措置が取りづらいこともあります。
今回お薦めするのはそんな忙しい皆さんに効率的に予防をしていただける

             【スマホえんきん】

ファンケルが満を持して新発売のサプリメントです。
目の疲労をケアするアントシアニンがたっぷりと配合されており、ルテイン、ビタミン群(B1,B2,
B6,B12)なども効果的に配合しています。
大切な目のために継続的にご利用いただいて、しっかりと目をいたわっていただきたいものです。